X

このウェブサイトを閲覧することにより、お客様は、クッキーの使用を承諾するものとみなされます。クッキーは、当社がお客様の関心に合ったサービスや製品を提供し、閲覧者の統計をとるために使用するものです。クッキーに関する詳細

Up

3D印刷 – 積層造形(AM)技術

将来的な積層造形のニーズに対応する技術

3D印刷に基づく主要なフォトポリマータイプ

  • 液槽重合 – 光造形法、SLA印刷、DLP印刷
  • 噴流技術 – インクジェットヘッドのバンク
  • バインダー技術 – 固体を結合する液体。大抵の場合、大型鋳物用の粉末
3Dプリンティング技術で使用されるフォトポリマー

液槽光重合

3D印刷技術で使用される材料噴射

材料噴射

3D印刷技術で使用されるバインダー噴射

結合剤噴射

UV硬化性アクリレート樹脂のメリット

  • 3D配合物に適用されたモノマーにより、粘度が低下し、最終印刷の硬化速度が高まる。
  • 3D配合物に適用されたオリゴマーにより、強度と伸長度の目標を達成することができる。

3D印刷の要件

  • 低粘度
  • 高速硬化
  • 低収縮性
  • 良好な強度
  • 良好な柔軟性
3Dアディティブ製造アプリケーション
en cn
お問い合わせ